« 宇宙戦艦ヤマト:幻のラストシーン | トップページ | 東野さん ② »

2006年2月19日 (日)

トリノ

トリノはなかなかメダル取れませんね。

いちおースポーツやってた身(全国大会にも行けてないレベルですが)としては、自分だったらやっぱりメダルは取りたいです。かといって四位とか五位とかに意味が無いわけはなく、だって世界中の五本の指に入るんですよ。いちおースポーツやってた身としては、やっぱりとてもすごいことです。

金銀銅の三つだけじゃなく、四天王とか六歌仙とか十二神将とかいうタイトルだったら、

「おお、上村六歌仙だよ、藤森も高橋も岡部も十二神将だよ、すげーなぁ」

と言う反応になりませんかね。

 

 

といいつつ、話は去年のグランプリファイナル。

当然主役は真央ちゃんです。

 dff2ac891

   

オリンピック選考のプレッシャーが無いとは言え、奔放に、自由に、快活に、軽快に、可愛く滑ってくれて、かーるくトリプルアクセル。ハートにズキン。無限の可能性を感じさせるところに、ほんわか涙。

トリプルアクセルって、そういえば何? どういうこと? と、にわか知識を得るためにいろいろ調べて、アクセルは前から飛んで後ろから降りるジャンプ、だから必ず何回転「半」になる、って初めて知りました。

ほかにも、いろいろ六種類あるんですね。サルコウ(四回転はこれ)、ルッツ、アクセルとも、サンドイッチ、カーディガンと同じく人名が由来なんですね。

詳しくは↓ここ。

http://figureskating.weblogs.jp/blog/cat118735/index.html

 

 

それにしても十八歳には特に感慨は無く、十五歳にズキン、そして涙、なんて、自分ちょっとそっち方面でしょうか。いや、村主さんはとても美しかったし、荒川さんもとても円熟した演技だったけど。十八歳のヒトが四回転決めてくれたら、泣けるでしょうか。

 

人気blogランキングへ

|

« 宇宙戦艦ヤマト:幻のラストシーン | トップページ | 東野さん ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166331/8744880

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ:

« 宇宙戦艦ヤマト:幻のラストシーン | トップページ | 東野さん ② »