« 何故ファーストガンダムがいいのか | トップページ | 金メダルおめでとう! »

2006年2月24日 (金)

天国の五人

ミッチ・アルボムさん。

フィラデルフィア出身でスポーツコラムニストだったひとの小説です。

普段はノンフィクションを書いていた人が書いた、フィクションです。

 

 

人が死んでから始まるのは、ミステリー小説ですが、この小説も人が死んだところから始まります。そして読者の知らないことを綴られていくので、そういった意味ではミステリーの一種なのかもしれません。でも犯人は居らず、死因は最初からはっきりしているのでミステリーではありません。

違うのは、これが「天国」(と呼べるものがあるとするならば)の物語だからです。

 

タイトルのとおり、年老いて身寄りも無く死んでしまった主人公のエディは、順々に五人の人たちが待っている場所を巡ってゆきます。

その五人は、エディの人生の大事な岐路に関わった人たちで、ヒトが生きていくこと、死んでいくこと、あの時、あの事件が起こった本当の理由、自分のココロの中に深く沈んでいたことを、エディは知って行きます。

五人は、エディにとって、意外なヒトでもあり、親しいヒトでもあり、知らないヒトでもあり、愛するヒトでもあります。でも、それぞれの岐路で、とても大切なヒトであったことを理解していきます。

 00054651

答えはすでにこの本の帯に書かれています。

「無駄な人生なんてひとつもない」

 

 

読んだ人たちの受け取り方は、それぞれ違うようです。エディの人生が必ずしも幸せでなかったことを悲しむ人もいます。だから何?といった感想を持つ人もいるようです。

 

ヒトは誰でも、あの時こうなっていれば、ああだったら、と夢想し、その分岐点から後を悔やんでみたりする一瞬があります。その時わからなかったことをあとから理解し、残念がったり、喜んだり、することがあります。

でもだれもが知ることはその時自分が必ず、一人ではなかった、ということです。

自分は自分の人生の本当のところを理解して死にたいと思います。その時、待っていてくれる五人は、いったい誰なんだろう、そんなことを、じっくり考えてしまいました。

やんわりと、泣ける本でした。

 

 

人気blogランキングへ

|

« 何故ファーストガンダムがいいのか | トップページ | 金メダルおめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166331/8806903

この記事へのトラックバック一覧です: 天国の五人:

« 何故ファーストガンダムがいいのか | トップページ | 金メダルおめでとう! »