« 気がつけば↑2000 | トップページ | 「不思議バトン」とやら »

2006年5月28日 (日)

モナコの思い出 (F1GP)

もう何年前になるだろう。アイルトン・セナが亡くなって何年経ったころだろう。

ヨーロッパを旅しました。例によってAIRと最初、最後の宿だけ決めていく気まま旅行。

まずミュンヘンに降り立ち、下戸なのでビールバーには行きましたが地ビールを堪能することも無く(なんてもったいない、とお酒好きの人の言葉が聞こえてきそう)レンタカーを借り、ロマンチック街道をちょっと走り、オーストリア国境近くのシンデレラ城のモデル、末期の貴族趣味の仇花、ノイシュバンシュタイン城の裾野の町に泊まり、オーストリアをかすめてスイスに入りました。近く行ったら必須よ。飛び込みホテルもハリポのロン家風?良かった。

Photo_2 ミュンヘン

21 ノイシュバンシュタイン城

  

 

スイスに入って、適当に良さげなレストランに入り、「チーズフォンデュ」を注文、するとやっていないという。なんでだ、ここはスイスだろう、とたぶん英語で聞いたんですが、スイスではないという。・・・みなさん「リヒテンシュタイン公国」って知ってます?そこだったんですね。でも結局親切なご主人と女将さんは、リクエストに応えてくれました。ありがとうね。

Photo_1  山の上が国王の城 

 

その後ハイジの里(ハイジの銅像あり(^^)でも夢を壊しそうなのでココには出さない)でハイジの歩いた道を歩き、スイスを横切りバレエの聖地ローザンヌ泊。石造りで指輪物語のホビットの家風?とにかく宿は飛び込みに限るね。決まるまで不安なのが玉に瑕だけど。

Maialmcar

 おんじの家、中にはハイジのベッドも。

 

 

で、ここまでで時間を費やしすぎたので、あとはフランス、イタリアを抜けニースへひた走る。のんべんだらりの旅のツケ、ローザンヌからニースまでおよそ700kmをひた走る。それもモンブラン越え!! 怖い山道とトンネルを抜け、イタリアの高速道路、レンタカーの1400ccVWゴルフはアクセルベタ踏み、メーター読み170km/hでひた走る走る3時間半。なんとか夕暮れまでには目的地のニースに着きました。これで惚れて、帰国後ゴルフ買っちゃいました。

Golf3  同型車

 

 

 

で、ここまでが前振り。長すぎ。

次の日、ニースから程近いモナコへ。ニースに行くのに一回通り過ぎてるんですけどね。なんか雰囲気、ニースは熱海でモナコは湯河原、って雰囲気だった。いやもちろん立ってる建物は違うんだけど、開発されちゃって現代的になっているところなんかは、ちょっと悪い意味で国籍不明ですね。

憧れのF1コースを走ります。メインスタンド前のストレートを抜け、結構急な上りを過ぎるとピンクのカジノ前へ、左、右へほぼ直角に曲がりミラボーコーナーから下りのきつい怖いヘアピン、それを抜けるとまた根性試しのトンネルコーナー、また海岸へ降り、真っ直ぐ抜けて折り返してメインスタンド前へ。普通の人が普通のクルマで何気なく走れる数少ないF1コースです。クルマ好きには至福のひとときです。

Monaco

市街地コースなので、エスケープゾーン(鈴鹿の1コーナーで良く突っ込んでる、砂地の安全ゾーン)なんか無いし、ただひたすら根性が試されます。コースが狭くパッシングポイント(抜ける場所)も少なく、なかなか前に出られません。

 

「モナコを制するものが、本当の世界王者だ」

 

セナはチャンピオンになって、特にモナコは亡くなる前年まで5連勝していました。亡くなった次の戦いがモナコでした。モナコのポールポジションには誰のマシンも無く、セナのために空けられていました。

駐車場に車を止め、メインスタンド前のスターティンググリッド、ポールポジション位置まで歩いて行きました。

 

 

 

 

そこには、ブラジルの国旗と、「アイルトン・セナ」、の名前が、くっきりと刻まれていました。脳裏に焼きついて離れません。今でも残っているのかどうかは、知りません。

 

 

 

 

↓アロンソ初優勝おめでとう

↓セナ様愛してる

↓琢磨、亜久里がんばらんかい!、の方

人気blogランキングへ

 

 

  

 

 

|

« 気がつけば↑2000 | トップページ | 「不思議バトン」とやら »

コメント

私もハイジの里を歩いた事あります。地名は確かマイエンフェルトでしたっけ?時期は5月頃だったので花畑がきれいでした~。

投稿: Calcite | 2006年5月29日 (月) 16:54

何気にCちゃんってば、国際派でしたの? 僕は海外といったら沖縄とか四国とか北海道しか行けてません>< (国内やろ!?)だって海の外は海がいでしょ^^;(たら~っ!)だから、モナコやデンマークは憧れの地なのですね! 羨ましいぞ! Cちゃん・・・オレも死ぬ前に一度で良いから船旅で世界一周を80日間で行って見たいもんです♪ あと、アルル地方もいいですね☆(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの跳ね橋を見たいから)

投稿: よっすぃ~♪ | 2006年5月29日 (月) 21:01

えー!いいなー!C介さん、アタシに内緒でそんなとこ!アタシも連れてってよー。アタシ下戸じゃないけど、ビールはパスだから、安心して連れていけましたよ?(そーじゃない?)でも、チーズダメなので、チーズフォンデュもパス・・・。

モナコGP見た♪生で見てみたいですねー。セナが亡くなったとき、大ファンやった友達は号泣してたな。

投稿: cherie | 2006年5月30日 (火) 11:15

 こんばんは☆ねこみみです♪

 コメントではお久しぶりです。スミマセンでした。なかなか私などがコメントできる記事がなかったもので・・・。

 写真のほうは・・・なんだかおとぎ話からの中に登場するようなお城や街並みですね。済んだ空は都会に住む私にとっては見てるだけで癒されます(微笑)。

 ではまた。ニャンニャン☆

投稿: ねこみみ | 2006年5月30日 (火) 22:10

C介さん、CHERIEちゃんが、自分のブログで、
お顔を披露されてましたよ、といっても一時的なサービスで、もう消えてます。

見てない?
アタシは見たよwとってもきれい。

うちの車はニュービートルです。
ワーゲン、かわいいから好き★

モナコはとっても楽しい国みたいだなぁ。
時間とお金があれば、行きたい!!!

CHERIEちゃんを連れて行くならあたしも連れてってね★

投稿: みかんです | 2006年5月31日 (水) 14:17

>CALCITEさま
いーですよねスイス。少ない経験の中で、野山の風景はスイスに勝るものはありません。マイエンフェルトは特にいいですね。歩いてるだけで幸せな気分♪でした。

>よっちゃん
ゴメン何気に国際派でした、仕事で行ったのも含めてネ。でも沖縄行けてないぞすごくいいらしいね。国内は学生の頃からユースホステル巡りであちこち歩いてました。一番印象に残ってるのは「恐山」かな(笑) 跳ね橋は、是非見てみたいね。

>cherieさま
惜しかったなあ、そんとき知り合いなら行ったのに、みかんさんとも一緒にね。チーズだめでもチョコレートフォンデュってのもあるよ☆
でもcherieとみかんがワインで盛り上がってるとき自分飲めないのもやだな。
あと大事なものを公開するときは予告するように!!残念!!しょうがないから妄想するぞ。

>ねこさん
そんなにコメントしづらかったですか、ゴメンね。荒川沿いの東京都や荒川沿いの埼玉県でもお目にかかれない風景であることは間違いないです。青空は長野あたりの高原とか、星空は旭川とか、最高だよ。でも荒川隅田川沿いの東京都にもいい風景はたくさんあると思う。千本桜とか、どう?

>みかんさん
え~~~~っっっ、そーいう大事な話はすぐ言ってよ。今度ケイ番教えとくから即お願いね(笑)
モナコはお金があれば最高だと思います。観光とギャンブルの国だし。ギャンブル好きなのかな?そういう意味では自分本来のモナコは堪能して無いですね。VW仲間がいて嬉しいな。
 

投稿: crybaby | 2006年5月31日 (水) 23:54

追加トリビア
英語の「NICE」は、フランスのニース「NICE」から来ているらしい。「NICEみたいにいいとこ、こと」が、いつのまにか「NICE」だけになったらしい。

投稿: crybaby | 2006年6月 1日 (木) 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166331/10285150

この記事へのトラックバック一覧です: モナコの思い出 (F1GP):

« 気がつけば↑2000 | トップページ | 「不思議バトン」とやら »