« チェンジ!シンガーソングライターモード | トップページ | 質問が変わるバトン »

2006年7月24日 (月)

視覚的・物理的 インターネット

ほとんどの人にとって、電気製品てブラックボックスですよね。

スイッチ入れれば電灯が点くのは、昔理科の実験でやったのでわかるでしょうし、糸電話なんかで音波が伝わっていくのも、体感してるからイメージできますよね。テレビってなんで映るか知ってます?CDからどうやって音楽が出てくるか説明できます?

 

 

 

 

ましてやインターネットをや (反語)

 

 

 

 

 

日本科学未来館から、三つ目のネタとしてご紹介します。

 

全体の雰囲気。なんか未来都市然、機械の塔にハイウェイ。

_34_2

 

右奥に人が居る部分の拡大

_37_1

これがいわゆる「モニター&キーボード」ってこと。

 

 

 

 

 

コンピューターは2進法、これはご存知ですよね。信号ひとつが「0」か「1」の状態、これが1ビット。1ビットが8つ集まって1バイト。情報量は1ビットで2、1バイトは2の8乗で256。乗数なんで4、8、16、32、64、128、256、512、1024と増えてきます。コンピューターの数字ってこうなんですね。麻雀の点数計算も一緒、嗚呼中国四千年の歴史と不思議な符合。

  

 

 

 

 

 

 

全体の構成。

_net

ここは「A」ターミナル。四つの角がある円がそれぞれのコンピューター。ここからCに送りたいときは、上の上の写真の左のレバーをCに合わせます。

  

 

で、送りたい信号にあわせて白玉黒玉を八つ並べる。白が1、黒が0、かな、どっちでも良いけど。たとえばASCIIコードでは「C」は、1100001だから、白白黒黒黒黒白。「c」は1100011で、白白黒黒黒白白。

参照 http://johnen.shinshu-u.ac.jp/~mano/ascii.html

_38

で、最後に「送信」ボタンを押すと、玉がレールに沿ってザーっと流れて、まず自分とこのPCへ入り、がちゃがちゃと送る用意がされる。あと順番にまたレールを流れ、PC(角付きの円)をいくつか通って、それぞれのPCで一回止まって、次のPCへ送る。最後にCまで流れて行きます。

_36_1

で、Cの「モニター」に表示してくってこと。

 

 

なんかね、普段目に見えないものが、目の前を流れていくのって、

_35

不思議な感じです。すごくゆっくりですけど、やってることはインターネットと同じ。目の前のLANコードの中を、こんなんが行ったりきたりしてると思うとね。

でもこの調子じゃ、ブログひとつ書くのに何年かかるか見当も付きませんが(^^)

 

これを作った人の、伝えたい気持ちがよく伝わってきます。発想もすごいし、そもそも作ろうと思うこと自体すごいね。ガチャガチャいいながら、動いている機械。

 

 

 

よくやってくれました、って感じ。

 

 

 

 

おまけ。宇宙ステーションのトイレ。吸い込むらしいですね。下の黒い三角錐とか、想像しただけで可笑しいwww

_30

 

 

 

 

お台場アクアシティ5Fにある、「ソニー・エクスプローラーサイエンス」も面白いよ。光でいろいろな不思議を見せてくれます、こちらもお気に入り、何度も行ってます。

 

 

 

さらに行きたくなったでしょ。

    ↓

人気blogランキングへ

日本科学未来館へ

ソニー・エクスプローラーサイエンスへ

 

 

 

|

« チェンジ!シンガーソングライターモード | トップページ | 質問が変わるバトン »

コメント

コンピュータって何で2進法で動いてるのですかね?(・ω・)
自分の中では、電化製品だから、電源ON,OFFとか
そこに電子が在るか無いかとか、それぐらいの違いしか、
違いとして作り出せなかったからじゃないかと思うのですが。
3段階ぐらいにわけたら…今度はその3段階に
分かれてるってことを判別することが必要になるですし。
それはかなり困難なんじゃないかと思うのです。

投稿: ecryua | 2006年7月24日 (月) 21:16

大昔に電子計算部門に配属された折に当時のコンピュータ言語のアセンブラを習いましてプログラミングを担当した時期がございまして多少は理解していましたが・・・やれMVCがどうしたTERM-Dが何だとかまともに起動するまで大変な工程を経て本番稼動でジャムッたりしますとかなりのブーイングになります! 機械は命令語の通りに起動するのでバグはコーディングで本来は判明するものなのですね(泣)

投稿: よっすぃ~♪ | 2006年7月24日 (月) 21:45

あら、お二方失礼しました。ちょっと変じゃなかったですか? 実は書いてる途中で公開になってしまいました。でもまともにコメ頂いて、すみません。

>ecryuaさま
うん、電子があるか無いか、ってのがわかりやすいですかね。素粒子物理学じゃ、プラスで埋められている真空の穴がマイナスの電子として振舞う、なんて説もあるようで。
最初のロジックを一番簡単にしているおかげで、ものすごく小型化が進んでいると思います。バイオコンピューター、もうすぐらしいですし、CPUの進歩で義手とか義眼とかもほとんどサイボーグに近くなりつつあるようですし。

>よっすぃ~♪さま
あら、アセンブラやったんですか、自分はBASICどまりでした、最初買ったのがNEC・PC98シリーズ以前のPC6801ってやつで、五十行ぐらいの簡単なゲームソフト。それでもバグはあるんですよね(笑) フロッピーディスク一枚に一太郎とか入っちゃってたころや、configとかautoexecで苦労した昔が懐かしいです。うう。

投稿: crybaby | 2006年7月24日 (月) 23:24

へぇ、こっち方面の知識は皆無なんで、全然しらなかたですわ。ただただ「ほぉ……」って思ってしまった。凄い……!!

投稿: あややん | 2006年7月26日 (水) 09:48

C介は、ブラックボックスをBLOGすればよかった?

投稿: BlogPetのcrybaby | 2006年7月26日 (水) 12:43

あれれ・・・
よっすぃ~♪さんってアゼンブラが出来るんですか!
てっきり、文系の方かと思ってました。
私はですね~
コボル、MS-DOS BASICなら組めますよ~
もう古過ぎですね・・・(涙)

すみません。 コメントに反応してしまいました(笑)

投稿: Nob | 2006年7月27日 (木) 12:20

>あややんさま
すごいでしょ。
一緒に行ったうちの嫁さんは、このブログ書くまであれが何なのか分かっていなかったようです(笑) 普通に使ってて、実はわかってないことって結構あると思いますよ。

>crybabyさま
ブラックボックス。怪しい響き。シュレディンガーの猫とかね。

>nobさま
コボル(^^)。
みなさま何気にやってらしたんですね。今じゃ何の役にも立たない、寂しい限りです。理系って新しいことに追い立てられるのが厳しいかな、なんて思います。

投稿: crybaby | 2006年7月31日 (月) 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166331/11084925

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚的・物理的 インターネット :

« チェンジ!シンガーソングライターモード | トップページ | 質問が変わるバトン »