« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

蜂の巣

蜂の巣

蜂の巣です、小さいけど。


写ってる蜂の大きさが、巣穴よりだいぶ大きいような気がします。巣穴に入れるの?
入れないとしたら、彼らは、夜はどこで過ごすんでしょう。



女王蜂って、巣の中に居るんですよね。これ、狭くないかなあ。
そもそも蜂の巣って、最初はどうするんだろう。どこからか女王様がやって来るの?



考えはじめるとわからないことばかり。
日本では有名でも本国フランスでは誰も知らないという、ファーブル先生に聞けばわかるかな。




こねこさん、昨日はごめんね(笑)、今日もダメかな?(;^_^A

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

蜘蛛の巣

蜘蛛の巣

10日程前から庭に巣を張ってます。
全長5cmくらい、堂々として立派な体躯、色が綺麗。
 
餌がかかってるのを見たことは無いですが生きてるってことは、見えないところで努力してるんですねコイツも。

巣もキレイ、ぴんと張って整理された図形。数学的な美しさ。


 
 
 
 
ウチでは昔から蜘蛛は家の守りとして、駆除しません。
 
 
 
地獄に落ちても、糸が降りてきて助かるんです。o(^-^)o

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

ゲド戦記 父の想い

まず訂正。倅から、言ってること違う、との指摘あり。

 

 

プロの映画の

  いろんなとこ繋ぎ合わせたみたい。」

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

もっとキツイんでないかい!?

すいません、親も親なら、子も子で・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して頂いて。

Dragon

写真は「アニメフェア」ジブリブースでの実物大の龍。

いえ、自分、行ってませんから。

 

 

 

 

そもそも、紆余曲折はあったものの、原作者ル・グゥインからの依頼に対して、駿さんが断ったところから始まっているんですよね。

そこをプロデューサーの鈴木敏夫さんがとりなした。 

  

***********

鈴木 いろいろありましたよ。何しろ彼女は宮崎「駿」に映画化してほしいと言っていたわけですから。まず宮さんが「今日は俺に話をさせてくれ」と「ゲド戦記」への思いを話しました。「『ゲド戦記』はいつも枕元においてある。片時も放したことがない。悩んだ時、困った時、何度この本を読み返したことか。告白するが、自分の作ってきた作品は『ナウシカ』から『ハウル』に至るまですべて『ゲド戦記』の影響を受けている。映画化するなら世界に自分を置いて他に誰もいないだろう」と言い切った。

――どうなったのですか。

鈴木 直後、彼は「しかし」と付け加えました。「この話が20年以上前にあったなら、自分はすぐにでも飛びついていたと思う。だが、自分はもう歳だ。そんな時、息子とそのスタッフがやりたいと言い出した。彼らが新しい魅力を引き出してくれるなら、それもいいかも知れない」。そしてこう締めくくったんです。「スクリプトには自分が全責任を持つ。読んで駄目だったら、すぐにやめさせる」と。

引用元 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_interview_20051226.htm

***********

 

 

 

 

言い忘れましたが、この文章は自分が納得するために書いてます。ジブリ好きだから。なので想像でもの書いてます。原作も読んでません。ごめんなさい。

 

 

 

つまりさ、

 

おやじは、もう、やっちゃったんですね、やるべきことを。

一度やってしまったことを、同じネタ元からは二度とできない。

魔法力も弱まっちゃったのかな。

自分で自分に満足いく結果を残せないことが、明快に分かってしまう。

324031view004

仕方ないから、魔法の剣を次の世代に譲る。

苦渋の想いかも知れないけど。

大きな力をどう使うかは、持つものの意思次第。

いつか通らなければならない道。

 

 

 

 

 

映画と直接関係ないとこで、三日続けてこんなこと考えちゃうとこがね。

自分の良くないとこだとは分かってるんですけど。

 

 

倅、そこまで言うなら、がんばれやな(微笑)

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

ゲド戦記 昨日の続き

ゲド戦記 昨日の続き

評価

「もったいない。」






冒頭で早々と、龍の全身出してきたとこからよぎった不安。

せっかくの綺麗な絵と、豪華な声優陣。

生かし切れてない。



脚本が良くない。伏線が大甘で盛り上がるはずのところでそのことの意味、価値がわからない。意味ありげなゲスト声優のキャラが、その後まったく絡んでこない。カタストロフィが弱すぎ。メッセージが古典的、ってかまっすぐすぎ。台詞に頼りすぎ(たぶん原作の)
なにより、「ゲド」の戦記でない。


「オレに書かせろ!」って言いたくてしょうがない。生意気だけど。




小学生の倅の一言。

「いろんなもの、少しずつ繋ぎあわせたみたい。」





自分はつまんなかったです。
つまんないか面白いか別にしても、少なくとも今までのジブリとは違います。それは誰もが認めるでしょう。



わかりやすい、と言う声もありますが、観るとしても「ジブリ」は期待しないで観てね。

 

 

 

困っちゃった人。

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

ゲド戦記、どうしたものか。

ゲド戦記観ました。

Gedo

 

 

 

 

 

 

困った。

すいません、時間ください・・・。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

八部衆・ナイキの眉の謎

Photo_23

皆さん良くご存知のこのマーク。

こないだの奈良興福寺、阿修羅を始めとする八部衆。

眉がね、どうしてもこれに見えて。

 

 

 

 

 

4620605611

見えません?

 

 

 

 

他の仏像はね、そんなこと無いんですよ。

Amidabosatu Daibutu

Nikko1 Nio

中宮寺の弥勒菩薩、東大寺の大仏、どこだかの日光菩薩、仁王。

 

 

 

これらが普通の仏像の眉ですよね。

思索、か、悟り、か、怒り、か、明確な意思表示。

 

 

 

興福寺の八部衆だけはそうじゃない。

すべて同じ作者の像のようですが。

苦悩しているように見える。

 

 

 

 

 

 

 

仏が苦悩してどうすんじゃい。

 

 

 

 

・・・・と突っ込みたい気分は抑えて。

 

 

こんな眉をした仏像は、他で見たことが無いです。

「釈迦の説法を聞き入る真摯なまなざしの阿修羅の仏心」

という説を発見しました。けど、

真摯というよりは、なんか嫌がってるように見えるのは自分だけ・・・?

他の阿修羅像は怒りの形相だしね・・・。

 

 

仏、じゃ、無いのかもね。そもそももっと古い神々だし。

自分の寡聞ゆえ、知らないだけなのかも。

 

 

 

 

だからどうってことは無いんですが。

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

早稲田実業 おめでとう!

Photo_22

初優勝だったんですね。

良く投げました、斉藤投手。

延長十五回で148km/hのストレート。すごい力です。

かっこいいし、爽やかだし、ハンカチかわいいし。

酸素補給は驚きましたけど。

実は母校の関連校なんで、応援歌「紺碧の空」一緒に歌ってました。

 

 

いやー、力はいった。おめでとう!!

 

 

 

苫小牧の方も、桐蔭の方もヨロシク。

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

ジャック・スパロウ、サイテー。

いま上映中。「Dead Man's Chest」です。

B00005jp0d01_1

 

大爆笑!!

 

 

 

楽しい映画でした。

前のを見ないとつまんないよ、と言われていましたが、そんなことはありません。充分。見ていたらさらに面白そうな雰囲気でしたが。

 

ジョニー・デップ、かっこいー。

いや、かっこ悪いー、情けないー、腰抜けー。

Imge58203b296ovs3

 

 

 

 

お話の主役はこちらですね。前回と同じ?

キーラ・ナイトレイと、オーランド・ブルーム

Rizstandee_1 Orlando_bloom_2

オーランド・ブルームは「ロード・オブ・ザ・リング」、エルフの弓の名手レゴラスバージョンで。

彼らの恋と意思が主の物語。

オーランド・ブルーム、成長していく青年がいいです。

キーラ・ナイトレイ、ドレスの胸元にも目が釘付けです(笑)が、海賊姿の男装もそそります。

彼らは確実にかっこいい。

 

 

キーラ・ナイトレイがジョニー・デップを色仕掛けで嵌める所がいいですね。

で、嵌められるジョニー・デップがいいですね。

それでジョニーは窮地に追い込まれるわけですが、女に嵌められた自分を悔やむでもなく、当然のように振舞っているところが好きです。惚れた女には殺されても仕方ない、カリブの海賊の心意気でしょうか、美学でしょうか。

最期は三作目につづく、になります。先に聞いていたのでどこで続くのか、ひやひやでしたがいちおー完全燃焼したとこで続くので、フラストレーションはありません。

 

 

 

 

 

SFXも上質でした。

Davyjones_1 Concept_dutchman2_1

今回の敵役、蛸の頭、蟹の左腕を持つ悪霊「デイビイ・ジョーンズ」

"be lost to Davy Jone's Locker"というイディオムがあるそうで。

その乗船、彷徨える幽霊船「フライング・ダッチマン」。

デイビイ・ジョーンズの蛸の足の髭とか何本もうねうね動くんですが、いい感じだし、海の怪物クラーケンも良く作れてる。日本の怪獣映画って何故か怪獣の全身像を、はっきり見せたがるんですよね。おもちゃのタイアップあるからしょうがないのかも知れないけど、見せちゃうと怖さ半分以下になると分かってるのかなあ。あちらの映画って、エイリアンとか怪しげなものの全身像をなかなか出さないところがいいですね。

 

 

それよりもね、ぐいぐいお話が進んでいくと、多少のアラは見えないです。

もちろん金かかってますから、良くできてますよ。でもどっか不自然さは残るもんです。合成に。そのへんうっとおしいくらい五月蠅いですから、自分。

でもその不自然さを意識させない、オッケーです。

 

 

 

 

ディズニーランドアトラクション「カリブの海賊」では、来年何月かから今回の映画の内容に合わせたバージョンに変更になるそうです。とっても期待だわ。

 

 

 

20051127_55253 Cfcf1_1

これらも面白いです、名作。お勧め。

 

 

 

一作目も見ようかな。

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

線香花火

Photo_20

2_2 

打ち上げ花火は、皆さんご覧になっているご様子、

うちで花火しましたか?

 

 

まだの方のために、「線香花火」をどうぞ。

 

 

あのね、すごいんです自分のケータイ。

こんなに良く撮れると思わなかった。

 

ていうか、昨日今日お出かけ&爆睡、ネタつなぎ(笑)

 

 

 

 

あ、ちょっと癒されたかも。

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

○ツふきタオル

○ツふきタオル

ちょっとした読み間違いです。倅発見、苗場にて。


「ク」が、「ケ」に見えて・・・。
ゴルフ客向けサービスなんですが。
 
 
 




昔、電車から見える看板に「おとこ教室」っていうのがあって・・・。何を教えてくれるんだろう、男のあれとかそれについてかな?いや男らしさ養成かな?
悩みました。 
いや正しくは「おこと」教室です。
漢字で「お琴」ではなぜいけない?


日本語は難しい? それとも自分の深層心理?
 
 
くつ、も漢字か平仮名でいいところを わざわざ片仮名で・・・。



狙った?



.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

ブレイブ・ストーリー

Bavestory

良い物語でした。ハッピーエンドでしたしww

 

 

 

 

いろんなジャンル、タイプの小説を数多く書いていらっしゃる直木賞作家、宮部みゆきさんの同名小説を、アニメ化。ロールプレイングゲームの形を取った小説、ってことで、興味はありました。でもRPGの感動を、わざわざ小説に求めなくてもいいんじゃないか、感動できるRPGがあるのなら、そっちのがいいはずだよな。というわけで読んでません。

ていうか、蒲生亭事件、われらが隣人の犯罪、くらいしか読んでないや。ICOがあるけど手が付いていない。あと、模倣犯、とか有名? そっちイメージするとぜんぜん違うのは間違いありません。

 

 

 

 

物語は本当にすごくオーソドックスなロールプレイングゲーム。

最初に行くのが「はじまりの洞窟」だし、「勇者・最低レベル」から始まるし、導師・伊東四郎がちゃんと何をするのか説明してくれるしね。よく小説書く気になりました。

ジブリに対抗してプロの声優は使わない。婆約二名・柴田理恵と樹木希林、トカゲ男・大泉洋、おかあさん・田中好子、運命の女神・今井美樹、うん、さすが、いい味出してます。

Chara_img14_2 Chara_img08 Chara_img02_1

ラウ導師、ユナ婆、トカゲ男キ・キーマ

 

 

 

見所は、正義の味方カッツ・常盤貴子の、鞭捌きかな・・・(笑)

  Pnote03_img  Chara_img03

 

 

 

フジがジブリに対抗した、戦略的アニメなだけに、CGとかは気合入りまくり。

魔物の群れとか、枯葉とか花びらとか、建物とか、扉とか、テクスチャでよさそうなところまで3D描いてる?ちょっともったいないかな。

だけど、雲の動きは感動しましたね。ちょっと風が早いときの、生まれて流れて渦巻いていく雲の動き。これは写真なし。あっても動きは出せないし。

 

 

 

 

 

意外と?良かったのが魔導士ミツル・ウェンツ。

Pnote04_img_2  Chara_img04_2 

陰のある美少年だし。ウェンツ??って感じ。上手いじゃん。

 

ていうか、ヒロインの立ち位置に、これだし。

Chara_img16

他に皇女様も居るけど、まるっこいし。

「猫の恩返し」だったら納得して見れるんだけどね。

だからどうしても目がウェンツに行ってしまいました。 

 

 

 

結果、ウェンツが幸せになったので、ハッピーエンドです。

で、そのときの描き方。顔を出さないカメラアングルが秀逸。

もう、明らかだけど全部見せない、って技、好きですね。

ここにきて素直にじわ、っと、キました。

 

 

 

個人的には、一作にまとめなくても良かったんじゃないかと思います。

すっ飛ばされた設定もエピソードもキャラもすごくたくさん居るらしい。

ラスボスにも重ーい物語がありそうな気配だったし。

リアルな問題にケリつけないと、エンドマーク出せないかなあ。

もったいないなあ。絵柄もジブリっぽいの否めないし。

 

 

 

キャラ設定まったく変えて、OVA化期待します。

 

 

 

 

あ、主人公忘れてたww

Pnote01b_img

見習い勇者ワタル・松たか子、

コスチュームもいまいちだし、なんか影薄いかも。

がんばってはいたんだけどね。

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

終戦記念日の日本沈没

Photo_19 

柴崎コウ、かっこいー!!!

 

なんてこの人は泥だらけのヒロインが似合うんだろう。

このひとの映画でした。

以上終わり。

 

 

 

 

 

 

 

まあ、それでもいいんですけど。

せっかく見たことだし、少し。

 

 

お金かかってるから画面凄いし、一番最初に嫁さんの故郷がつぶれるとことか、その廃墟の画面からオープニングタイトルで今の何気ない風景をずっと映し出すあたり、いきなりセンチメンタルになってしまいます。

見知った風景が崩れていくのは、たまんないものがありますね。

科学考証もまあまあ。キャラの立ち具合や動機付けもオッケー。

でもなんであの非常時下で、ああも都合よく登場人物の居場所が分かって、何度も何度も会いたいときに会えるんだろう。残念。

 

 

 

 

 

 

映画とは関係ないですが、

そもそも「終戦」て、なに? 「敗戦」ではないの?

なんかどっかあっちのほうの出来事のような名付け。

これが日本人独自のメンタリティ?

 

 

 

 

この映画にも、日本人のメンタリティについての表現があります。

「このまま、何もしなくても良いんじゃないか」

石坂浩二総理大臣が、日本沈没するにあたって、各界著名人から対策、意見を募ったとき、まったく別の分野から、複数の意見として出てきたものだそうです。

 

Nihonchinbotu

ラストもさ、

もう公開してだいぶ経ってるからネタバレ言うけど、

草彅くんの「特攻」じゃないか。

おかげで日本は全部沈まずに済んだけど。

草薙くんの大事な人は助かったけど。

「いのちよりも大切な人がいる。」 いるけどさ。

 

 

フィクションなんだし、映画なんだし、

ハリウッドみたく、

意地でもハッピーエンド、

再会するまでにもう幾多の困難を乗り越えて、

涙の再会を果たす、

位にして欲しかった。

 

 

それが日本人のメンタリティなんだろうか。

そもそもそれを描く物語じゃなくて、

国土が無くなった日本人がどうなるか書きたかった小説。

納得いかねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

隠れキャラ

富野由悠季、庵野秀明、安野モヨコ。

気づかなかった・・・。

N2爆弾て、エヴァだよねぇ。

 

 

 

気づいた人?いる?

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

いも子ー、きもいー。

いも子ー、きもいー。

なぜ、子が付く?


子供はこれだけでも、楽しいものヽ(^▽^)ノ


.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

か、かわいい?

か、かわいい?

ブルーベリー狩りをしました。



 
 

嫁倅娘は畑へ。
自分はお茶。


どうぞ、と一皿サービス。(^O^)

あ、食べちゃったけど残り撮っておこ。





偶然なんです。
皿の形といい。



.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

大阪じゃんけん

じゃんけん、しますよね。

で、掛け声かけないじゃんけんは、有り得ませんよね。

タイミング合わせないと意味無いわけだし。

 

 

 

共通語としては、

「じゃんけんぽん」

だと思ってますが。

記憶にあるのはねえ・・・。

 

 

「じゃんけんほかほか北海道」

 

「最初はシーサー・・・」(笑)

 

「じゃんけんぽっくり下駄ひより下駄」

Photo_18

下駄?何~故~?

 

 

 

みなさんとこではどんな掛け声でした?

こないだのセッタから地域差見るの面白くなってしまって。

 

 

 

 

で、タイトルの「大阪じゃんけん」

 

「おーさかじゃんけん、負けるが勝ちよ、じゃんけんポン」

だそうです、立ち読み知識。(立ち読みごめんなさい)

 

うーん、さすが商人の街、大阪。

お客様には、負けとけ、ってことやね。

「勉強させてもらいます。」

 

 

 

 

まだまだ勉強しまひょ

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年8月11日 (金)

ラブコン

近くにシネコン付きのモールができました。

自転車で10分かかりません。

とても嬉しいです。

 

 

 

 

Photo_1

よりによって「ラブコン」観ました。

http://www.lovecom-movie.com/index2.html

いや、遅れてるし、ゲドとかパイレーツとかブレイブとか日本沈没とか、他に観るものたくさんあるんですが。

小学生の倅と娘が見るというので。

画像がこれしかなかった。 

 

 

 

 

なんつうか、結構楽しめましたね。

少女マンガ。

 

 

 

身長170cmの「小」泉リサ、藤澤恵麻ちゃん。

http://www.ema-fujisawa.jp/index.html

身長159cmの「大」谷敦士、「小」池徹平くん。

http://www.teppeifc.com/

二人ともかわいわぁー。

てか、小池くんかわいー。

 

 

関西のとある地方の、「舞戸高校」が舞台(笑)

オール阪神巨人、と命名されるほど、ノリも趣味もボケもツッコミも息の合った二人が、逆転の身長差11cmを乗り越えて、まあ、高校三年かけてキスするまでの物語、ですね、それだけの話です。

あ、ラブコンてのは、ラブリーコンプレックスの略。ラブリーな程度のコンプレックスやないの、ってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

なにがいいって、西の言葉っていいわあ。

「わたし、あなたが、好きよ」

「うち、あんたが、好きや」

この差は、反則だね。

 

 

関西弁訳セカチューとか作ったら、どないなんねんやろ。

 

 

 

 

 

Img_c14

マーガレット、連載中。

読む気にはなってないですが。

 

余談ですが、関東の女の子達は最近自分のことを「うち」と呼びます。

イントネーションは後上がりですが。

さらに余談ですが、関東ではオール「巨人阪神」と呼びます。

 

 

 

 

怒った阪神ファンの方、納得した巨人ファンの方

   ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年8月 9日 (水)

燃える空

Yuuyake

 

 

 

 

なにが起こったかと思いました。

ふと眺めた西の空、まっかっか。

台風来てるんでなかったっけ。

 

 

ああ、やっぱり明日直撃コースだ。

天気予報でやってる。

 

 

 

こないだ花火でした。

それよりこんな夕焼けのほうが好きだな、、

家並みの間の夕焼けもいいけれど、

開けた景色で大切な人と一緒に見たいもんだな、と思いつつ。

 

明日の朝の食パンとペットボトルのお茶を買いにスーパーへ。

小さな幸せ。

 

 

 

 

 

関東では見えたかな?他の地方はどうかな?

     ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年8月 8日 (火)

おめでとう、ホンダ。

Hondaf1c

なんだかんだいっても結局ホンダ。

世界最高峰のモータースポーツ。

その真ん中ってことは、大変なことなんです。

ほんとに、おめでとうございます。

 

 

 

トヨタじゃない。

GMでもなく、VWでもなくね。

 

 

 

これでホンダは、都合三回参戦して、どれも表彰台の真ん中ゲット。

最初は大昔、1967年。このときは今と同じく、シャシ(車体)も含め、エンジンだけでなく、車全部での参戦。苦労しました。

次は1986年から6年間、プロストとセナを擁し、エンジンサプライヤーとして磐石の態勢。六年連続エンジンサプライヤーのトップを制覇しました。

で、三回目が今回。今回もシャシも作った、オールホンダとしての参戦。三年目なんで、早くはないですが。

 

雨で、難しいレースを制しました。ラッキー、という評もわかりますけど。でも着実に走った。シーズン通しても四番手ですから。トヨタ六番手ですから。

なんか、そういう星の下に生まれたとしか思えないめぐり合わせ。

そんなものがあるとしか、言いようがない。

 

 

 

もちろん、金をかけなければ勝てない世界であることは間違いない。

でも、あれだけの利益を出してるトヨタでさえ、だめなんです。

かといってトヨタってモータースポーツに消極的かっていうとそんなことはなく、ルマンもWRCも国内グラチャンもやってるんですよね。でも目立った成績出ない。社風なんでしょうか。そうすると、ホンダも社風なんでしょうか。

極限の世界のぎりぎりの差って、結局ヒトでしかないのかな。

Hondaf1b

そんな、「希望」といっていいでしょ。

ほんの少しの差、なら、気合で乗り越えましょ。

あきらめなければ、結果が出るんです。

 

 

 

 

すいません、トヨタ嫌いなわけではないんですが。

 

 

 

 

日本が世界一、とりあえず祝福して!

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

サイコーオンナの勘違い 又は西と東の言葉

みなさん、コンビニでバイトしてたことありますよね。

今回ははみかんさんにお許しいただいて、この間聞いたお話を記事にさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

いつものように、コンビニで。とは言うものの、窓口業務の練習だと手を抜かず、真剣に取り組むみかんさん(笑) でも慣れなくて、なかなか品目とか、値段とか覚えられません。

 

ある日のこと、お客さんから一言。

 

 

 

「せった、ひとつ」

 

 

 

 

 

はい?

 

 

 

 

「あの、お客様、すみません、『雪駄』は扱っておりませんが・・・。」

(場所によって浮き輪とか、虫取り網とか扱ってるとこもありますけど。いくらアタシが知らないといっても、そもそもコンビニって履物置かないよねぇ・・・)

 

 

 

 

「なんでや、いっつも買ってんねん、セッタ、ないの?」

 

 

 

 

(いつも買ってる・・・? どこのコンビニ?)

「はい、当店では『雪駄』は・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だから、セッタ、セブンスターやて。タバコ置いて無いの?」

 

 

 

「あ、セブンスターですね・・・、はい、お待ちください。」

 

 

 

 

(略すなー!、ちゃんと正式名称言わんかいー!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意味分かりませんでした、自分も。

cherieさんによると、フツーに「セッタ」だそーで。

・・・関東では「ブンタ」 と略します、セブンスター。

 

Buntatigers

タイガース優勝記念バージョンww

cherieさん買ったかな?

 

 

 

 

 

 

 

なんか不安で。

確認しときたいんですが、

マクドナルドはマックですか?

ロイヤルホストはロイホですか?

ミスタードーナツはミスドですか?

スターバックスカフェはスタバですか?

ケンタッキーフライドチキンは、ケンタですか?

なんか昔、河内では「ドチキン」だという噂も聞いたんですが・・・。(笑)

 

 

 

うちのほうではこれはこんな風に略すんだけど、大丈夫かな、と心配になった方、あったら教えてください。

 

 

 

セッタやろセッタ、ありえへんで、の方も

ブンタだべー、ブンタっかねぇじゃん、の方も

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

サイコーオンナ達との夜 ☆☆☆☆☆

遅くなりました。

バリラックス・ジュエル、ご案内させていただきます。

・・・この記事の内容は8月1日のものです。

 

 

 

 

 

時計は七時二十八分。

待ち合わせは七時半。

先に入ったバリラックスの窓から広がる梅田の夜景を眺めつつ、そろそろ、と思う。待ち合わせ相手の容姿は、雰囲気ではわかってる。まあ、居場所のメール打っといたから大丈夫、ちょっと、緊張してるかな、自分としたことが・・・。

 

 

 

 

 

背中から「こんばんわー」の声、やばせばび?(笑)違う、ややハスキーな声、cherieさん

もうひとつ「こんばんわ~」の声、マイルドな声、みかんさん

お名前クリックでそれぞれ同じ内容の記事へ飛びます。

 

 

 

「あ、こんばんわー」 と、振り向く自分。

 

 

 

 

 

 

 

よしっっ!! d(*゚▽゚)b

 

 

 

 

 

なにがよしやねん。

 

 

 

 

 

 

やたっっ!! (>o<)/

 

 

 

 

 

だからなにをやってんねん。

 

 

 

 

 

「おー、時間通りやねー、お疲れさん、自分本名は・・・、」

「知ってるわー、お店入るとき見たしー。」

「はぁー」

 

抜け目ねぇ・・・。(笑)

早くもcherieペースに巻き込まれそうになる自分。

いかんいかん、1ラウンドダウンはカメやし。

ここは落ち着いて・・・。

 

 

梅地下の成城石井で入手したワイン。銘柄は知らん、白のラベルに城の絵、ジャケ買いしたボルドーのロゼ。

「はい、二人の宅飲み用」 みかんさんへ。

阪神のインショップ本屋で見つけておいた「NANA」1~7.8巻。

「はい、約束の品」 cherieさんへ。

 

「わー、ありがとー」

 

・・・なんとかクリンチで逃れる。

 

 

 

 

 

さて、お待たせしました。

cherieファン、みかんファンの皆様、予告の写真でございます。

 

オーダーしたカクテル。

 

  

Cocktail1

cherieさん +セクシーな、いやセクスィーな右腕をバックに。

何気に写真全体の色味もパープルだし。

自然な指の曲げ具合で魅せるでしょ?

シェイカーを振る姿を、いつか拝見したいもの。

 

 

Cocktail2

みかんさん +さすがクラリネット奏者、長く細い指。

とてもソフトボールやってたとは思えないww。

そしてその薬指にるものは・・・。

ひとのこと心配させて、やることやってる?

 

 

Cocktail3

自分の。

と、とろぴかる~。一番かわいいのを選んでしまいました。

 

 

「あ、お料理は、いいコースがあるんですよ、それにしましょう。」みかん

さりげない気遣いを見せてくれるみかんさん

うん、いい嫁になる。

 

てか、バリラックス、カレと来たことあるんだよね。

コース攻撃、受けてるな?

 

コース一品目は、ほろほろ鳥のコンソメゼリー寄せ

Nec_0124

 

 

「ほろほろ鳥ってなに?」 C介

「鳥やわ」 cherie

・・・

うう、以上、メニュー紹介終了!!

知りたい方はcherieさんみかんさんのブログへ。

食ったら旨かったけどねっっ。

 

 

「じゃ、かんぱーい」

 

  

 

「で、C介さん、何を話しに来たんですか」

「何いってんの、君らが心配で来たんやで」(変なイントネーションの関西弁ww)

「えー」

こっちのことを聞いてくれようとする気持ちがウレシイ。

 

 

「で、どうすんねん、みかん・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

徐々にペースに乗り、ぶっちゃけが始まる。

初対面?ありえないっしょ。

 

主な議題は・・・。

ダメ出され続けみかんさん ←人の言うことを聞けー。

cherieさん無事確認 ←本当に安心しました。

AB型のツレがいる者同盟 ←なんと三人とも。まったくAB型ときたら・・・。

みかんさんコンビニバイト小話 ←あとで書いていい?

C介馴れ初め話 ←くれぐれもご内密に。

cherieさん借金生活 ←半分は安心しました。

などなど・・・

 

時間足らーん。

あとで二人して電話してんじゃねー、まぜろー。

 

 

 

 

 

C介から。

みかんさんへ、変な疑い持つ以前に戻ろう、のお願い。

cherieさんへ、一度は結婚してみてね、のお願い。

Cherieikanmozaic

後光、はいっちゃいました。

美人で、かっこえーでしょ、お二人とも。

自分、アルコール入ってましたけど。

食事、とってもおいしくて満足でしたけど。

cherieさんの間接照明マジックはありましたけど。え?

えくりゅあさん、メモよここメモ。

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人の印象。

Nec_0131

cherieさん

炭酸入り天然水。あっさり、すっきり、作らない。

この味を分かる人は大好き離せない。でもだめな人はだめ。

おしゃれフランス産、Perrier。

童顔? Non,non, aucun probrem. とっても魅力的。

 

 

みかんさん

みかんゼリー。甘くて、すっぱくて、ぷるるん。

だれも嫌いな人はいない。でも後味あっさり過ぎかなー。

「大満足(期待値込み)」みかん。

笑顔にオーラ、そのパワー自覚して。ろっぽいから。(笑)

 

 

 

 

いやー、サイコーなオンナ達との夜でした。

今後ともよろしく!

とっても楽しかったー。

二度目があるといーなー。(゚▽゚)//願望

 

 

 

 

 

 

おまけ、くみこ店長へ、C介のセクシーな左手。

_98_1

いらない?(=_=)

 

 

 

cherieさん、みかんさん素敵。C介はいいから。

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

おまけ 京都タワー

高さ131m、展望台100m。
初めて登りました。ホテルで割引(っつっても100円;)券もらったので。そんな高くないですが、京都が全部見渡せるんですね。
見渡せる街って、なんかいいね、と、関東平野の住人は羨ましがる。



 
 
 
「もうすぐ京都は死んでしまうから、早く来たほうがいい。」
と言われて、何年経った?



展望台に昭和40年の眺望の写真とかあるもんだから、なおさら感慨深いです。


京都駅が悪いとは言いませんが、ビル建ちすぎ、四角い、白い。



仕方ないかな、今からせめて古い一角くらい、旧市街として保護できないものか。
欧州では普通にやってるんだから。


それも観光資源なのに。
 
 
 
 
 
みかんさんの故郷のほうは、まだ大丈夫かな、などと眺めつつ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

三十三間堂 謎の老人

本尊?は千体の千手観音像。
壮観と言うより呆れます。


千手、といっても実際に一体千本の腕が有るわけではなく、四十二本です。一手に一眼有り、一眼あたり二十五世界を見透すので、合計千眼千手だそうです。
数が合いませんが、二手は合掌、かな?





そして二十八部衆、元々ヒンドゥーやバラモンの神々が仏教に帰衣し、千手観音の下、護法にあたるとか。梵天毘沙門天、敵同士だった阿修羅も仲間。
誰も強そうであったり、徳がありそうだったりします。



そんな中に、いきなりただの爺が。
婆数 VASU 仙人といいます。他は天とか王とかなのにいきなり人間?それも吉祥天と共に千手観音の脇侍らしい。
誰?




その昔、この仙人の貸し出しと引き替えにルーブルからヴィーナスが来たらしい。




唯一写実的で芸術的価値が高そう、それにしても誰?






謎だそうです。だれか知りません?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

聖徳太子、百済観音、如意輪菩薩

「和」


漢字バトン、でも触れましたが、好きな漢字のひとつ。
また、日本、を意味する文字。
 
 
 
それを最初の憲法の最初の言葉として制定してくだすった聖徳太子。「日出処の天子」はご存じですよねあややんさま、刀自呼。
日本へ仏教を導入し、法隆寺を建立されました。実は広隆寺も聖徳太子の建立だそうで、知らなかった、縁が深いのかなあ。
実のところは文化を導入したんです、主に建築。東夷の小国が中国と張り合うためにね。
でも、「書を致す」ですもんね、外交は結構強硬派でしたネ。





二歳と七歳と何歳か、計四体+二画、だったかな。ふくよかなお姿。
二歳の時に「南無仏」と唱えたそうです。
いや、普通の赤ん坊「なんぶー」くらい言うでしょ。ウチの子も有り難いお生まれのようで、大事にします(笑)




百済観音はエキゾチック。当時の百済との深い繋がりを彷彿とさせます。





如意輪観音は、法隆寺の随寺、奥さんのお寺、中宮寺。半跏思惟されておられます。髪型がお団子ふたつになってるくらいで・・・、弥勒でしょこれ。
お顔も手足も綺麗だし、スタイルいーし、奥さんのお寺だし。
 
 
 
 
超貧乳のオンナか弥勒。



あ、眠い。落ちそう・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

興福寺 阿修羅像

阿修羅 ASURA の歴史は古いらしい。
 
 
 
紀元前の「リグ・ヴェーダ」に遡って、神DEVAに敵対するものの総称として登場します。
三大宗教よりはるかに古い、世界最古の神様と言ってもいいくらい。
 
 
 
文字を分けると、二つの逆の意味を持つといいます。
生命 ASU 与える RA
非 A 天 SURA
 
ゾロアスター教では、AFURA が、神。
 
 
 
 
そんな二面性、好きですね。
ある意味、ギャップ?(笑) 
 
 
 
そんな神様も取り込んで残してしまう、東洋の懐の深さにも敬意を払いつつ。
 
合掌する阿修羅像に、合掌返し。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

サイテーの夜の成果?

 
 
み「ちゃんと言ってるし、遅くにごめんね、って。」 
che&C介「ありがとう、や!!」(ユニゾン)
 
 
 
 
(^w^)
お役に立つことを祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

異文化の薫り

大日如来、千手観音、四天王、十二神将、日光菩薩月光菩薩、不動明王、たくさんの仏像に囲まれて。
 
 
 
やっぱり弥勒菩薩、違和感があります。そこが好きなんですが。
 
 
腹の出た恰幅のいい、他の像と比べ、スリム。唯一ウエストがある。
座像立像でなく、半跏。
怒りや、慈悲、表情明らかな他のヒトに比べ、只一人、何かを想い巡らしていらっしゃる。
お顔を良く見ると、一人だけ顎が出てるし。
違う世界のヒト?
 
 
 
 
ダビンチコードじゃあるまいに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太秦広隆寺 弥勒菩薩半跏思惟像

宇宙創世から150億年。
太陽系形成から50億年。
人類120万年。
有史5千年。

弥勒菩薩はさらに56億7千万年後に現れ、衆生を救うといいます。

人類が残っていればの話?
なるべく頑張って残って、どうやって救って頂けるのか、子孫には見届けて欲しいものです。

残念ながら太陽の寿命が、あと50億年くらいらしいので、もう少し急いで頂ければ、と望みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »