« ゲド戦記、どうしたものか。 | トップページ | ゲド戦記 父の想い »

2006年8月24日 (木)

ゲド戦記 昨日の続き

ゲド戦記 昨日の続き

評価

「もったいない。」






冒頭で早々と、龍の全身出してきたとこからよぎった不安。

せっかくの綺麗な絵と、豪華な声優陣。

生かし切れてない。



脚本が良くない。伏線が大甘で盛り上がるはずのところでそのことの意味、価値がわからない。意味ありげなゲスト声優のキャラが、その後まったく絡んでこない。カタストロフィが弱すぎ。メッセージが古典的、ってかまっすぐすぎ。台詞に頼りすぎ(たぶん原作の)
なにより、「ゲド」の戦記でない。


「オレに書かせろ!」って言いたくてしょうがない。生意気だけど。




小学生の倅の一言。

「いろんなもの、少しずつ繋ぎあわせたみたい。」





自分はつまんなかったです。
つまんないか面白いか別にしても、少なくとも今までのジブリとは違います。それは誰もが認めるでしょう。



わかりやすい、と言う声もありますが、観るとしても「ジブリ」は期待しないで観てね。

 

 

 

困っちゃった人。

    ↓

人気blogランキングへ

 

 

 

|

« ゲド戦記、どうしたものか。 | トップページ | ゲド戦記 父の想い »

コメント

それはきっとジブリを期待しちゃダメだ!(・ω・)というよりは…
「パパ宮崎ワールドを期待しちゃダメだ!」が正解だと思うのですw
※※まぁまだ観てないですが!w※※

パパブッシュとブッシュジュニアの違いみたいなものだと思うんです(・ω・`)
まぁ…偉大な評価を得た親っていうのが、
間接的に子供を磨り潰しちゃうこともある
っていうのにならないと良いですが…(。。)

投稿: ecryua | 2006年8月25日 (金) 00:12

うーん、やはり別ものとして観るべきなのですね(-_-;)

少し話しは反れますが、先日電車の中で、女子高生(?)がゲド戦記を見た感想を話していたのですが、「なんか説教されてるみたいで嫌だったよ!!」って言ってました。思わず、お前たち、普段どんな悪事を働いているんだい?と突っ込みたくなってしまいました(^_^;)

追伸  再コメント、どうもありがとうございました。こちらこそお気遣いいただいてすみませんでした
ちなみに勉強は・・・(笑?)

投稿: 人であること。 | 2006年8月25日 (金) 01:25

ジブリはハウルで外してるんだから、あまり変わったことをしない方がいいと思うんですけどねぇ…。
こうやって、口コミでいいの悪いのって、拡がっていきますもんね。

投稿: 由巳ゆみ | 2006年8月25日 (金) 08:33

 こんばんは☆こねこです♪

 見てないのにコメントするな!って言われそうですが、今までのジブリ作品で思うのは「豪華な声優陣」・・・これもうまくヒットしない理由の一つだと思うんです。

 「千と千尋の・・・」で、菅原文太さんの声が味を出してていいと評判でしたが、私も悪いとは思いません。ただ、いくら俳優で素晴らしい人でも声優としては素人です。声に特徴のある人や話題の芸能人を集めればいいというものではないんです。

 今までの一番の失敗作は「もののけ姫」の「石田○り子」さんを起用したことですね。石田さんが悪いわけじゃないですけど、主人公の強さや激しさを表現するのにあの声は大失敗です。小学校の学芸会並みですよ。

 おそらく声優をされてる方も「冗談じゃないよ、あんな声の出し方で主人公なんて・・・」と思ってますよ。ジブリももっと原点に帰ってほしいです・・・。

 ねこでした。ニャン☆

投稿: こねこ | 2006年8月25日 (金) 23:10

私も見てませんので、わかりませんが・・。
私は、ナウシカとかもののけ姫とか・・
ジブリ作品の中でも、好きでないものもあるので・・。
今回も、気の強そうな女主人公が出てくるので、CM見た時点で見る気がしなかったです。

それから、声優陣がいいとおっしゃる方もいらっしゃいますが、私は、折角声優と言う仕事があって、その手のプロなのに、何でそういう人使わないのかな?って思ってしまう。
発声も感情を出すのも、うまいのに。
顔ばかりがちらついて、その人物として見れないんです。

あくまでも、個人的な感想なので、気に触る方がいらっしゃったら、ごめんなさい。

投稿: kirarafuu | 2006年8月25日 (金) 23:24

 こんばんは、アイです。

 毎年作品を作っていれば、ハズレることがあるのははしょうがないかと思います。初カントクの作品なら、尚更。

 例えばどんな漫画家でも、何発もヒット作品はだせないのと、同じことじゃないでしょうか。イチローだって、60%以上はスカるんです。

 だからといって、社員を食わしていくためには、そういうわけにもいきませんしね。

 お金を出して見ているわけですから、好き勝手言うのは、もちろん自由です。むしろガンガン言いたいことは言いましょう。人は危機に陥るからこそ、成長するもの。

 苦悩し、テコ入れし、試行錯誤して、
いつか「こいつはヤバイ」といえるような作品をジブリに作って欲しいですね。
 
 
 
 

投稿: アイ | 2006年8月26日 (土) 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166331/11592897

この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記 昨日の続き:

« ゲド戦記、どうしたものか。 | トップページ | ゲド戦記 父の想い »